【美人になりたい】アラサーの女性がずっと「綺麗」でいるためにやるべきことはこの7つ!

Uncategorized

アラサ―だからこその悩みってありますよね。

ホルモンバランスの乱れからくる肌荒れや、代謝の変化によるボディラインの変化。

20代前半の時に感じていた「若くてかわいいからOK」が通用しなくなってくる恐怖。

ちょっとずつくすんでくる顔色や、ラインが消えなくなってきた目元や口元のしわ、たるみなど…

でも、若いからいいとか、30代はおばさんとか、私は絶対に思いたくないです。

なんならアラサ―の方が20代前半の時よりもお金だってあるし、自分に合うものもわかってきているし、「もっと綺麗になれる」と考えています。

アラサ―の大人の女性としての品格を出しながら、絶対に劣化したなんて言わせないためにはどうしたら良いのか、私の考えるこれだけはやりましょう!という項目を7個ピックアップしました。

是非参考にしていただければ嬉しいです。

綺麗な人ってどんな人?

私が考える「綺麗」でいるために重要なことは、「お手入れがされている状態であること」です。

若いとか顔がかわいいとか細いとかそういったことよりも、きちんと整えられて手入れがされていることがわかるということの方が大切だと思います。

要は清潔感です。

自分を大切に扱っている人は美しいです。

前日にしっかりトリートメントして、丁寧にメイクをして、一番似合うと思っている服を着ている日はいつもより自分素敵だなって思えますよね?

綺麗な髪だって肌だってボディラインだってすべてはお手入れによって作られます。

ありのままの美しさというのもあるにはあると思いますが、やっぱり一目見て「うわー、あの人きれいだな」と感じる人は髪や肌の手入れが行き届いていて清潔感があることが大前提のことが多いです。

その土台の上に、さらに自分の魅力を引き立たせるメイクやファッションがあるから華があって目を惹くのではないでしょうか。

だから私は、「何もしなくても大丈夫!」という時期は過ぎたアラサ―女子にとって「お手入れされている」というのが一番大切なことだと思っています。

では次に、具体的な行動としては何をしたらいいのか紹介していきます。

綺麗でいるために:①肌管理をする

保湿の徹底

肌はとにかく保湿して乾燥から守ってあげる必要があります。

肌の老化を促進するのが乾燥です。

肌が乾燥することで水分量が低下し、肌の透明感が失われて肌がくすんで見えます。

また、水分量が少ない肌は固くなりごわごわとして、小じわなどの原因となります。

さらにそれが進行することで、真皮の構造の崩れとなり大きなしわへとつながるのです。

肌のうるおいはバリア機能として外的な刺激から肌を守ってくれる役割もあるため、健康で滑らかな肌のためには保湿がとにかく重要です。

UV対策は必須

肌の老化を大きく進行させる原因となるのが紫外線です。

肌老化の約80%が光老化が原因と考えられています。

紫外線によるダメージは表面のシミやくすみをもたらすだけではなく、なんと真皮にまでダメージを与えてハリや弾力までも損なわせてしまうのです。

表面の乾燥や炎症も起きるため、もちろん小じわや透明感のなさの原因となります。

UV対策をすることが、いつまでもみずみずしくハリのある肌でいるためには最も重要と言っても過言ではないです。

レチノールを取り入れる

レチノールはビタミンAのことです。

ターンオーバーを促進させてどんどん肌を新しく生まれ変わらせる働きがあります。

また、アラサ―女子にはうれしい、表皮のヒアルロン酸生成の促進や真皮のコラーゲンやエラスチンといったハリや弾力をつかさどる成分の生成を促進してくれる働きもあります。

シワの改善効果が認められている成分なのです。

こんなの使わない手はないですよね!?

実際私も様々なレチノール製品を使用してきましたが、やっぱり一番効果が実感しやすい成分だと思います。

肌がつるんっと生まれ変わって艶が出ますし、使い続ければ目元や法令線のうすいラインが気にならなくなってきます。

ただ、純粋なレチノールやトレチノインといった効果が強いものは副作用も出やすいため、まずは作用が優しいレチノール誘導体から試してみるのがおすすめです。

綺麗でいるために:②筋トレをする

筋トレときくと拒否反応を示してしまう方もいるかもしれませんが、私がまずおすすめしているのは自宅で手軽にできる簡単な筋トレです。

実際私も1年ほどちょっとした筋トレを続けていますが、身長164㎝・体重53~54㎏の私でも初めて会った人から「スタイルめっちゃいいですね!」って言われるようになったほど筋トレはボディラインを変えてくれます。

コンテストに出るとかであればジム通いは必須なのでしょうが、ボディラインをきれいにしたいというくらいであればそんなに頑張らなくても続けるだけで本当に変わってきます。

垂れたおしりはきゅっと上がってくるし、太ももの間にも隙間ができてきます。

筋トレすることで成長ホルモンも分泌されて肌にも良い影響がありますし一石二鳥です!!

アラサ―女子は絶対やった方がよいと思っています。

私が実践しているのは石本哲郎さんの「誰でも理想の体になれる! 超実践 美ボディメイク」という本の内容です。

この本に載っている筋トレを毎日ちょっとずつやっています。

非常に参考になりますし、ダイエットの勉強にもなるので是非見てみてください。

綺麗でいるために:③髪の毛をつやつやに保つ

やっぱり「お手入れされている感」は艶から出ると思います。

髪の毛がつやつやなだけで非常に若々しさが出ますし、清潔感も爆上がりです。

後ろ姿の美しさは髪の毛が非常に大きな要素ともなりますので、オーラが欲しい場合は髪の毛のケアは外せない項目です。

髪がぱさぱさなだけですごい老けて見えるので、どうにかして艶を出しましょう。

おすすめのトリートメントなどはまた別記事で紹介したいと思います。

綺麗でいるために:④必要があれば美容医療に頼る

重力に抗ってたるみをなくしたり、顔や骨格そのものの作りを変えたり、毛を根こそぎなくしてつるつるにしたり、シミをなくしたりすることは化粧品では無理です。はっきり言います。

アラサ―という年齢は若い時と違っていろんな悩みも出てくる時期ですが、その分キャリアアップなどによって若い時より美容にかけられるお金が増えていたり、自分の本当に直すべきところが見えてくるときでもあると思います。

自分にお金をかけられるうちに私は直せるところは直しちゃおうと思っています。

歯列矯正やたるみ治療など、早めにやっておいた方が後々楽になることは今のうちにやってしまっても良いと思います。

今はマスク時代ということもありますし、マスクより下はダウンタイムがあっても見えないことが多いですからね。

こうやって早めにコンプレックスを一つずつ確実に消していくことで、自分の事がもっと好きになれます。

自分にもっと自信が持てたら、30代という時期をすごく楽しむことができますよね。

今だからこその、アラサ―の財力を活用しましょう。

綺麗でいるために:⑤食事に気をつける

食事が身体を作る

綺麗な身体を作りたいのに、ジャンクフードばっかり食べてそれで作ったものが本当に理想通りのものになると思いますか?

綺麗な真っ白いケーキを作りたいとして、それに合った材料がなければ茶色くなったり上手く膨らまなかったりして理想通りのケーキが作れることはないですよね?

それは身体も同じことではないでしょうか。

私は管理栄養士として栄養に関して学んできましたが、必要な栄養素が足りないと身体は様々な不調をきたします。

美しさという面以前に、「健康である」ということが基本になります。

まずは自分の体が効率よく機能するように食事を整えましょう。

まあ私もできてないこと多いんですけどね…笑

ちょっとずつ一緒に頑張りましょう。

サプリも活用する

食事がどんなに重要だとわかってはいても、現代の忙しい生活の中で毎日栄養バランス計算してご飯作って…というのはなかなか全員にとって現実的ではないと思います。

そこで補助として取り入れるのがサプリメントです。

サプリメントに対して懐疑的な方もいるとは思いますが、私は必要なものはトリいえるべきと考えています。

実際、私はサプリメントによってずっと悩まされていた口内炎が出来なくなりました。

もちろん基本は食事からの摂取です。

ただ、どうしても食事から摂取できない場合、不調を解決するのにサプリメントほど効率が良い物はないと思います。

綺麗でいるために:⑥自分をよく観察する

【必要なところは美容医療に頼る】という項目でも触れましたが、アラサ―になって今までの経験から自分のことがよく見えてくる時だと思います。

自分に似合うものや足りないところ、良いところ、好きなものや苦手なもの。

自分が心地よくいられて自分を好きでいられるものに囲まれるようにしましょう。

パーソナルカラーや骨格診断を受けておいて、自分が「ここぞ!」というときに使うように絶対に合うと分かっているものをそろておくのが、お守りになってくれるので私はおすすめです。

眉サロンなども垢抜けるのに非常に有効だと思います。

自分で観察して変えられることはより良く変えていき、わからないところはプロの手を借りるのが一番無駄がなくて早く成果が出ると思います。

綺麗でいるために:⑦人生を楽しむ

これがもうすべてです。

人生は楽しむためにあります。せっかく生まれてくることができて自分次第で何にだってなれるし、何だってできます。

綺麗になりたいなら、どんなことしてでも綺麗になればいいんです。

自分の人生は自分のものなんですから、自分が好きなように全部選んでいけばいいんです。

そうしたら最終的には最高の人生になりますよね?

そんなふうに生きるために、大好きな自分になるために、美容を楽しみましょう。

そんな人はずっと「綺麗な人」でいられると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました